エナメル財布の修復

彩革idea工房

0742-41-2526

〒631-0006 奈良県奈良市西登美ケ丘1-3-5

[ 営業時間 ] 10:00-19:00 [ 定休日 ] 水曜日

エナメル財布の修復

スタッフブログ

2019/08/16 エナメル財布の修復

5b4b37b1-0315-477d-8d47-3ec2df5595d9

エナメルの財布やバッグというのは、現代の日本の様に高湿度で蒸し暑い気候にはあまり適さない素材だと言えます。

艶やかな光沢感のエレガントさについ魅了されて買ってしまうんですが、大切に使おうと大事に保管していて、いざ使おうとしたら表面がベタついていたり変色していたりする悲惨な状態がよくあります。又、普通に使用していても、シミがエナメル樹脂層の奥に浸透して拭いても取れなかったり、エナメル樹脂そのものが剥がれてしまった…などということが頻繁に起こります。

上の写真は、ルイ・ヴィトンの『ヴェルニ・ポルトレゾール』シリーズの長財布。

カラーはベージュで変色はしていませんが、油脂によるクスミが生じて薄汚くなっていますし、所々にあるエナメル樹脂層の剥がれが目立っています。

さらに折目にあたる箇所の革が破損して糸がほつれています。

この様な状態になってしまうと元の色目に戻す事は不可能(厳密には可能ですが、エナメル樹脂層を完全に剥がし取り、地革の染め直しをした上でエナメル樹脂を再コーティングするという作業になるので、費用が嵩んでしまいます)なので、無難な黒に染め変えることをお勧めしています。

黒への染め変えは、現状のエナメル樹脂層に直接染料を浸透させるため、汚れやシミも黒の染料で隠すことが出来ます。

エナメル樹脂層が剥がれ落ちている箇所には、エナメル樹脂塗料で部分捕色をしてカバーしておきました

破損し糸のほつれている箇所は、あて革をして縫い代を作り、再縫製(手縫い)して修理します。

a0987275-3fb4-4169-a603-8f2c822f9259

 

 

 

 

○●——————————●○
彩革idea工房

電話番号 0742-41-2526
住所 〒631-0006
奈良県奈良市西登美ケ丘1-3-5
営業時間 10:00-19:00
定休日 水曜日
○●——————————●○

TOP