年代物の革鞄(国産)ビジネスバッグの修復

彩革idea工房

0742-41-2526

〒631-0006 奈良県奈良市西登美ケ丘1-3-5

[ 営業時間 ] 10:00-19:00 [ 定休日 ] 水曜日

年代物の革鞄(国産)ビジネスバッグの修復

スタッフブログ

2019/07/04 年代物の革鞄(国産)ビジネスバッグの修復

fa239458-560e-44a6-b53e-c9b77ac93492

これはおよそ半世紀前に銀座和光で購入された国産のビジネスバッグです。

ブランドネームや刻印は劣化していて読み取れませんが、皇室にも献上されたことのあるメーカーの物ということなので、おそらく老舗の大峡製鞄か味岡(ganzo)の製品と思われます。

とにかく使用されている超一級品の革素材といい、細部にまで拘った作り込みの確かさは日本の伝統的職人技が集約されたような全てが手縫いで仕上げられた逸品です。

大切にお父様からご子息二代に渡って受け継がれてきたとのこと。

流石に半世紀も使い続けていたらかなりくたびれてきたので、ここでトータルケアをすることになりました。

使っていると最も傷みやすい四隅のほつれや擦り切れている持ち手(ハンドル)は、菱縫いという手縫いを踏襲して作り直し、破れている内張を当て布補修で修理。潰れて開閉が出来なくなったファスナーは新しいものに付け替えてバッグとしての機能を復活させました。

スレ傷とシミで劣化している革表面は、全体を薄くサンディングした後に皮革クリーニングと染め直しを行い、油を表皮に染み込ませて色補修。擦り減ったコバは蜜蝋を熱したコテで塗布して仕上げました。

ec46aa2e-e75d-4726-bbb2-df1021c5494f

本来の作りと素材がしっかりとしていれば、ご覧の様にほぼ新品に近い仕上りになります。

 

 

 

○●——————————●○
彩革idea工房

電話番号 0742-41-2526
住所 〒631-0006
奈良県奈良市西登美ケ丘1-3-5
営業時間 10:00-19:00
定休日 水曜日
○●——————————●○

TOP