色落ちしてくすんでしまった山羊革製のジバンシィ長財布を染め直し

彩革idea工房

0742-41-2526

〒631-0006 奈良県奈良市西登美ケ丘1-3-5

[ 営業時間 ] 10:00-19:00 [ 定休日 ] 水曜日

色落ちしてくすんでしまった山羊革製のジバンシィ長財布を染め直し

スタッフブログ

2020/08/17 色落ちしてくすんでしまった山羊革製のジバンシィ長財布を染め直し

c90bebc8-f875-4555-9a9e-b742d4e071a0

ジバンシィの定番アイテム「ロングウオレットラウンドファスナーパンドラ」です。

しっとりとした手触り感とジバンシィらしい上品かつ鮮やかなカラー展開が支持されている高級ウオレットの代表格ですね。このジバンシィならではの魅力の秘密が、この財布に使用されているゴートスキンにあります。ゴートスキンとは成山羊革のことで、シープスキン(羊革)やラムスキン(子羊革)と比べると革質が硬く、弾力性があり、摩擦、型崩れに強いとされています。

表面にはシボ模様と呼ばれる小さくてキレイなシワがあり、加工することでガラスの様な光沢を出すことも可能な素材です。

この様な素材特性を余すところなく最大限に活かして作られているのがこの「ジバンシィロングウオレットラウンドファスナーパンドラ」シリーズなんですね。

それでもお財布なので、直接手に触れるため、上の写真の様な鮮やかな色目のモノは経年による色落ちは避けられませんし、購入時の光沢感も損なわれてきます。(しっとりとした手触り感はそのままです)

特に折口の擦れは気になりますね。この財布の場合、表皮が完全になくなっています。

まず、全体に付いた手の油脂を取り除くためのクリーニングをした上で、表皮のなくなってしまっている箇所をレザーパテで埋めて整形します。次に水性染料の青を薄く溶いて刷毛染めしていくのですが、染料を薄めずに使うと濃く染まってしまうので、溶き加減がポイントです。また薄くし過ぎると、革が水分を吸い過ぎて硬くなってしまうので要注意です。

仕上げに光沢剤をスプレーコーティングして完成です。

0a8d5846-a763-4b49-8eed-308fa67ca209

 

 

 

○●——————————●○
彩革idea工房

電話番号 0742-41-2526
住所 〒631-0006
奈良県奈良市西登美ケ丘1-3-5
営業時間 10:00-19:00
定休日 水曜日
○●——————————●○

TOP