擦れて色落ちしてしまったボッテガの財布を色補修するには…

彩革idea工房

0742-41-2526

〒631-0006 奈良県奈良市西登美ケ丘1-3-5

[ 営業時間 ] 10:00-19:00 [ 定休日 ] 水曜日

擦れて色落ちしてしまったボッテガの財布を色補修するには…

スタッフブログ

2020/06/18 擦れて色落ちしてしまったボッテガの財布を色補修するには…

d27dbccc-fd4b-4c98-9b7c-5d79144af48e

『ラムスキン』と呼ばれる柔らかくて繊細な革の編み込みが、一目でボッテガだと分かるくらいにこのブランドのアイコンともなっている『ボッテガ デ ラ ヴェンタ』のウオレット。

素材のラムスキンは本来子羊の革を指しますが、最近では胎児の子牛革を柔らかく鞣したものも素材名称として使われています。いずれにしても高級素材であることには変わりなく、その加工には熟練の職人技が求められます。

この財布も繊細な職人技が活かされていて、柔らかな素材であるにも拘らず“本物”としての重厚感を感じさせます。

しかし経年使用における劣化は避けられません。この財布の場合、折れ目にあたる縁のパイピング部の剥がれ、全体の色落ちが目立ちます。

まず、剥がれているパイピング部を同じ素材のラムスキンを用いて“あて革接着”で剥がれを覆い隠します。次に全体を革用のトリートメント溶剤でクリーニングします。素材の柔らかさを損なわない様に溶剤は合成加脂剤を希釈して使用します。

クリーニング後、全体を油性染料で染め直して色目を整えて、光沢感を出す為に薄く溶いた光沢剤と塗料の混合液をスプレーして仕上げます。

82031e82-cf5f-4ac7-b86e-b1cd6c682134

 

 

○●——————————●○
彩革idea工房

電話番号 0742-41-2526
住所 〒631-0006
奈良県奈良市西登美ケ丘1-3-5
営業時間 10:00-19:00
定休日 水曜日
○●——————————●○

TOP