アルコールで色落ちしてしまった皮製品の補修について

彩革idea工房

0742-41-2526

〒631-0006 奈良県奈良市西登美ケ丘1-3-5

[ 営業時間 ] 10:00-19:00 [ 定休日 ] 水曜日

アルコールで色落ちしてしまった皮製品の補修について

スタッフブログ

2020/02/24 アルコールで色落ちしてしまった皮製品の補修について

9d290831-09dc-4e14-a898-67ccc0f7a090

レッドソールのハイヒールで有名なクリスティアン・ルブタンの新作ウォレットです。ハイヒールで使用されているウレタンソールと同素材のロゴプレートをレザーに張り付けたスタイリッシュなお財布です。使用されているレザーは上質な型押しカーフ

。クロム鞣しされた革にセミアニリンという技法で着色されています。

この素材は上品な艶感が魅力なんですが、とてもデリケートでもあり、色落ちや色移りが起こり易いのが特徴です。

f679661b-645a-4b52-a96f-82e7ee8bf2b7

上の写真は財布の裏面。買って間も無いのに消毒液の付いた手で持った途端、色落ちしてしまいました。最近のコロナウィルス対策で消毒液を使う機会が多いため、この様な羽目に陥るケースが多い様です。

15ca0d5b-562e-4015-a169-119983be6252

そこで、再度セミアニリンで色補修をして元に戻しました。

ただ、この財布の様に高級なカーフ素材は一度色落ちすると、単純に再染色してもダメージが残りやすく、塗装でごまかせばシボがなくなってしまうので、色補修には細心の注意を要します。表面のシボ(ツブツブ)一つづつに色を乗せていくようにして仕上げていきます。

○●——————————●○
彩革idea工房

電話番号 0742-41-2526
住所 〒631-0006
奈良県奈良市西登美ケ丘1-3-5
営業時間 10:00-19:00
定休日 水曜日
○●——————————●○

TOP